蔵王堂かえる飛びの写真 ■奈良県:蔵王堂かえる飛び <吉野町>
正式には蓮華会といい、仏さまに蓮華を献じる儀式です。罪を犯して蛙になった人間がざんげして、元の人間の姿に戻してもらうまでを描いた静粛な儀式ですが、ぴょんぴょんはねる蛙の姿に思わずほほえんでしまいます。(毎年7月7日開催)

 
那智の火祭りの写真 ■和歌山県:那智の火祭り <那智勝浦町>
熊野那智大社の神事で、日本三大火祭の一つです。扇神輿と12本の松明がご神体の那智の滝で出会い、激しいもみ合いが行われます。大自然の神秘を感じさせられる幽玄な世界が広がります。(毎年7月14日開催)

 
阿波おどりの写真 ■徳島県:阿波おどり <徳島市>
国際的にも有名な日本を代表する祭りの一つです。お盆の4日間で約1,000もの連が踊りに参加します。しなやかな女踊りの美しさに魅せられ、力強い男踊りには思わず体が動いてしまいます。もちろん飛び入り参加OKです。あ、やっぱり踊りはやめられない♪♪(毎年8月12〜15日開催)

 
さぬき豊浜ちょうさ祭の写真 ■香川県:さぬき豊浜ちょうさ祭 <豊浜町>
金糸の豪華な刺繍で飾られた豊浜のちょうさ(太鼓台)は、古くから綿の町として知られた豊浜に、京都で修行した刺繍職人が定住したことなどから生まれたそうです。人口1万人ほどの町に24台ものちょうさがあり、170年にわたる大切な伝統を守り続けています。(毎年10月13〜15日開催)

 
うわじま牛鬼まつりの写真 ■愛媛県:うわじま牛鬼まつり <宇和島市>
虎退治で有名な加藤清正が、敵を威圧するためにつくったとも言われる牛鬼は、鬼の頭に4メートルに及ぶ長い首、全長5〜6メートルある牛をかたどった胴には赤い布を巻き付け剣型の尻尾をもつ怪物で、数十人の人が入って市内をねり歩く姿は勇壮そのものです。(毎年7月23〜24日開催)