阿蘇の火まつりの写真 ■熊本県:阿蘇の火まつり <阿蘇郡一帯>
何か日本一をつくろうということで始まった大火文字焼き。火の国・熊本にふさわしい祭りです。このほか、神様の結婚のお祝いとして行われる火振り神事など見応えたっぷり炎の祭りです。その他にも「火」をテーマにしたイベントが行われます。(3月の主な土・日曜日開催)

 
ホーランエンヤの写真 ■大分県:ホーランエンヤ <豊後高田市>
豊漁と航海の安全を祈るホーランエンヤは、江戸時代から続く新年の伝統行事です。桂川にホーライエンヤのかけ声が響き、若者が大漁旗や万国旗で飾ったホーライ(宝来)船を漕ぎます。両岸の見物人からご祝儀が差し出されると、若者は寒流に飛び込んで受け取ります。(毎年1月上旬開催)

 
高千穂の夜神楽の写真 ■宮崎県:高千穂の夜神楽 <高千穂町>
素戔嗚尊の乱暴に怒り、天の岩戸に隠れてしまった天照大神を誘いだそうと、天鈿女命が、神々が大笑いするほどおもしろおかしく舞ったのが始まりという夜神楽。岩戸開きのほか、国生みなど様々な神話を題材にした神楽は、民家を神楽宿に夜を徹して舞い続けられます。(毎年11月下旬〜2月中旬)

 
せっぺとべの写真 ■鹿児島県:せっぺとべ <日吉町>
何とも愛嬌のある響きのこの言葉は「精一杯飛べ」という意味の方言。約400年前から始まり、五穀豊穣を祈願する泥かけ祭です。せっぺとベでは泥は縁起物。見物人も泥をかぶって大喜びの和やかなお祭りです。(毎年6月第1日曜日開催)