舘山寺の写真 ■静岡県:舘山寺(浜松市)
観光だけでなく、学校の郊外学習でも活躍している浜松ボランティアガイドのみなさん。「丹波篠山や千葉からのバスが多いですよ。まつり会館では話しに監視持ってっくれて参考になりましたって言われるとうれしいね」浜名湖花博にむけての準備も進んでいるとか。100名いるガイドさんたちの笑顔に会うなら、JR駅構内の事務所にどうぞ。

 
足助町散策の風景 ■愛知県:足助町散策(足助町)
紅葉で名高い香嵐渓と江戸後期の古い町並みが人気の足助町。リピーターのお客さんも多い中で、町中散策にスパイスをきかせるのが8人のガイドさん。あったかい語り口調で、ふるさとに帰ってきたような気分になります。「紅葉の11月はお受けできませんが、2〜3月は中馬のお雛さんのメイン会場にいます。皆さん、ぜひ来てみて下さいね」

 
熊野古道・八鬼山越え ■三重県:熊野古道・八鬼山越え(尾鷲市)
東紀州地域8市町村広域で活躍している語り部さんは201名。年間8万人以上が訪れ熊野伊勢路で、その歴史や魅力を伝えています。有料とはなりますが、個人・グループを問わず、3〜4kmの道のりを一緒に歩きながらいろいろと案内して頂けるとのこと。「人気があるのは馬越峠の石畳ですね。一緒に歩きますから、元気な人が多いですよ」。

 
大阪城散策の写真 ■大阪府:大阪城散策(大阪市)
「毎日はっぴを着て、観光客の方に声かけてます。ぜひ覗いてみて」という大阪観光ボランティアの方とお会いできるのが大阪城とミナミ。大阪城では豊国神社に事務所があり、常駐の人がいます。ミナミ界隈は、学校や老人大学で歴史文化を学ぶグループに人気だそうです。「“そうだったんだ”と言ってくれる。発見のお手伝いがうれしいですね」。

 
北野異人館の写真 ■兵庫県:北野異人館(神戸市)
三宮駅前や北野異人館の周辺で黄色い帽子をつけた人を見かけたらラッキー!その方がガイドさんです。道案内から見どころ紹介まで、おもてなしをした人数は13万人を越えたそうです。活動のもう一つが震災学習のお手伝い。全国から訪れる人たちに、震災の跡地を見て回りながら、身をもって体験した教訓や助け合いの精神を語り継いでいます。