新しい国土軸が必要な訳

Dr.かもかも 今、僕達の国では、明治維新以来の中央集権体制の下で、工業化と都市成長を通じてできた西日本国土軸(第一国土軸)が、敗戦・戦後復興・経済の高度成長・情報化・国際化の進展等の過程を経て、過度な東京一極集中の国土構造になってしまったんだ。 そして、このままだと国土の均衡ある発展が妨げられたり、豊かな自然がどんどん失われたりと言う事になってしまうかもしれないんだよ。
ぴょん子 えぇー!そんなの、大変じゃない!
Dr.かもかも

こらこら、ぴょん子ちゃんったら・・・落ち着きなさい! その為に、みんなイロイロ考えているんだから! いいかい?だから、20世紀の西日本国土軸とは違う性質をもった21世紀型の新しい国土軸を創造する事が必要なんだ。この事は新しい全国総合開発計画である「21世紀の国土のグランドデザイン」にも明確に位置付けされているん事なんだよ。

ぴょん子 全国総合開発計画って、なあに?
Dr.かもかも  全国総合開発計画っていうのは、これからの『くにづくり』の憲法のようなものなんだよ。
 この計画は平成10年の3月に閣議決定されたんだけど、簡単に内容を紹介すると、太平洋新国土軸をはじめとする複数の新しい国土軸をつくって、互いに協力し、助け合うことによって、日本列島全体のバランスのとれた発展を可能にし、多様性に富んだ美しい国土空間をつくっていこうということが、国土政策の基本方向としてかかげられているんだよ。少しむずかしかったかな。

前へ戻る   次へ進む